鍵や防犯カメラを利用する【家や車などのSPを強化しよう】

ambulance

様々な鍵

車の鍵はどんな種類があるのだろうか

車や家には必ず鍵がついていますが、鍵の歴史は紀元前のエジプトまで遡ります。車やバイクの鍵は特殊で、扉の開閉と同時にエンジンの始動も同じ鍵で行うという特徴があります。車の鍵は持ち運びやすい小型で板状のシリンダー錠が多く、ディスクタンブラー錠と呼ばれるタイプのものが普及しています。このタイプの鍵は鍵穴に差し込んで回すことで鍵開けを行います。最近はリモコン操作で鍵開けが行えるキーレスシステムが開発され人気となっています。また、鍵開けからエンジン始動までをリモコンで操作できるスマートエントリーの車も登場しています。これらのリモコンで操作する車は利便性の面からも防犯面からも優れた効果を期待されており、千葉県でも採用するメーカーが増えています。

鍵トラブルはどういったものが多いのか

従来のシリンダータイプの鍵は、紛失してしまった場合新しい鍵を作る費用は千葉県では数千円が平均的な価格です。リモコンで操作できる車の鍵だと、費用は2万円ほどと高額になります。今後リモコンタイプがさらに普及すれば価格は下がっていくと予想されますが、安さを好む人は従来の鍵を使い続けると考えられ二極化が進んでいくでしょう。さらに将来的には、IC運転免許証と連動させた本人確認による鍵の開発なども考えられています。現在の鍵開けのトラブルで最も多いのが鍵の紛失と、鍵を車内に残してしまったまま扉を閉めてしまうインロックです。こういった鍵のトラブルにはロードサービスや鍵屋などの専門業者が対応しています。千葉県であれば専門業者が複数いるので近くの店舗に電話をすれば対応してもらえます。千葉県には24時間対応の業者が多いので夜間のトラブルも依頼できます。